iOSアカデミア創設者インタビュー【前編:身も心もアスリートなiOSエンジニア爆誕!ヤマタクってどんな人!?】

作成日:2021年5月28日 更新日:2021年9月16日
iOSアカデミア創設者インタビュー【前編:身も心もアスリートなiOSエンジニア爆誕!ヤマタクってどんな人!?】

iOS専門のオンラインプログラミングスクール「iOSアカデミア」が2021年5月遂に開校しました。こちらのインタビュー連載では、業界第一線で活躍するiOSエンジニアや、当スクール卒業生の方々に多数ご登場いただき、これからエンジニアを目指す人やプログラミングを始めようと思っている人、iOSアプリ開発に興味のある人にとって気になるポイントを伺っていきます!第1回目となる今回は、「iOSアカデミア」創設者であり、スクールの運営母体init株式会社の代表取締役でもある山田卓ことヤマタクさんに来ていただき、前編・中編・後編の全3編にわたって、その熱い想いに密着!

【前編】である今回は、「ヤマタクさんってどんな人!?」という素朴な質問にこたえるべく、スクール創設者としてだけでない様々なご活躍が目を引くヤマタクさんの、今に繋がるストーリーを追ってみたいと思います!

プロフィール

山田卓(やまだ・たく)以下「ヤマタクさん」

ECシステムの法人営業から独学でフリーランスエンジニアへと転身し、個人開発から常時100万人が使用する大規模アプリまでさまざまな規模のアプリ開発を経て独立。…このほか詳しくは、当インタビュー内で明らかにしていきます!

インタビュワー
SIerでの人事担当、言語教師等を経て現在はインタビューを中心に活動するワーママライター。最近はわが子の可愛さに打ちひしがれる日々。

元アーチェリー日本代表からの転身!熱量を注げる対象を求めて…

今最も加速するキーパーソン、ヤマタクさんって?

―――まずは早速ご登場いただきましょう~!「iOSアカデミア」創設者、ヤマタクさんです!本日はどうぞよろしくお願いいたします!

ヤマタクです!よろしくお願いします!

―――まず、かんたんな自己紹介を頂けますでしょうか?

はい。僕は本名を山田卓といいますが、愛称として周りからは「ヤマタク」と呼ばれています。この度開校した「iOSアカデミア」創設の他にも、フリーランスのiOSエンジニアを経てinit株式会社を立ち上げ、iOSアプリ開発や運用支援、開発のコンサル、僕自身iOSプログラミング専門のメンター(講師)として現在もメンティー(生徒)さんへの指導も行っています。

アーチェリーを極めたアスリートな学生時代

―――フリーランス以前のご経歴についても伺えますか?

はい。東北の宮城県出身で、大学までは宮城県に居ました。学生時代は、小学校くらいから大学4年までずっとアーチェリーをやっていて、結構アスリートな時代を過ごしたと思います。

日本代表になって、世界ユースオリンピックというアメリカのユタ州で開催される大会で日本の出場枠を獲得したり、国体で最高3位を獲得するなどしました。

―――そうでした…!ヤマタクさんトリビアとして、アスリート時代の華々しいご経歴がありますね!率直にお尋ねしたいのですが、アーチェリーのアスリートとしてそのままキャリアを進めようとは考えなかったのですか?

アーチェリーについては、確かに365日中360日を費やすほど自分にとって大きなものでした。ですが、それだけにやり切った感も強く、将来性なども考慮した結果、大学を卒業する時点で一旦区切りをつけようとは考えていました。

ただ、そうなると、それまで人生の大部分を占めていたものが一気になくなります。方向性は決めていたものの、やはり自分にとって大きな穴の開く決断ではありました。

起業を見据えて営業職のキャリアを選択!しかし…

―――アスリートとしての道を歩まれる代わりに選んだのが、東京でのご就職でしたか?

正確には、就職はゴールではなく、就活の段階から「将来的に起業しよう」と決めていました。アーチェリーをやめることで空く穴を埋めるためには、僕自身が相当の熱量を注げるものじゃないとダメだなと。そこで、自分で会社を興せば、恐らく多くの時間を業務に投じなくてはならないし、自分も精一杯取り組めるんじゃないかと思ったんです。

そこで、まずは起業に向けて成長するために、中小のベンチャー企業で裁量の幅を大きく持たせてもらい、失敗を重ねてステップアップさせてもらいたい、そして場所は国内なら東京が一番成長できるだろうと考えました。そこで最初の就職では、渋谷にあるIT系の当時社員数20名ほどのベンチャー企業で法人営業職に就いたというスタートでした。

―――計画性が自分の就活時代と違いすぎて怖い…

僕昔からなんですけど、自分の時間とか労力を無駄にしたくないんですよね。どうせやるならとことんやりたい。アーチェリーだけでなく仕事も同じで、ただ生きていくためだけじゃなく、やるからには熱量を持ってやりたい。進路を決めた当時は社会人経験もなかったので、「社長」という目標がまっさきに頭に浮かんだのだと思います。

―――営業職はどうでしたか?

実は、うまくいったとは言えませんでした。当時新卒で入ったもう一人の同期がすごく優秀な人で、1年半のうち成績で1度も勝てず、成績で合計15連敗しました。僕自身、精一杯努力して土日を全て費やすなど必死で勉強しましたが、それでもダメでした。

正直、それまではアーチェリーで成績を取れてきたことから、営業でも絶対やれると自負していたのでかなりキツかったです。アスリートとしては“勝利”の経験を沢山してきたのに、仕事では“敗北”しかなかった。ただ、自分なりに精一杯やった末の結果でもあったので、一旦ここでは負けを認めて、営業以外の可能性に目を向けようと思い至りました。

バリカンで坊主にして挑んだ独学時代!1年でiOSエンジニアとして開業、会社設立へ

独学でiOSエンジニアに!アプリリリース後即独立へ

―――それでiOSエンジニアというお仕事に目を向けられたと。

当時、営業チームの隣の席の開発チームが滅茶苦茶楽しそうだったんです。それで「開発やりたい!」って。同社で転部届を出しましたが成績ゆえか受理されず、転職に踏み切りました。

ただ、転職先での仕事はCS(カスタマーサポートエンジニア)で、一応技術的な業種ではあるものの、業務内容はチャットサポートなのでコードは書かず、プログラミングも出来ませんでした。そこで、平日の朝晩と、休日を全て使って1年間かけて独学でエンジニアリングを学び、iOSアプリをリリースしたんです。

―――1年間が怒涛でしたね!そもそもヤマタクさん、エンジニアリングの素養はお持ちだったのですか?

いえ、全くの初学者でした。独学の詳細については、僕の原体験がiOSアカデミアのカリキュラムへと反映されているのでぜひ体験して頂きたいですが、やってみた感想としては、やはり最初はもの凄く大変でした。とにかく猛勉強を続け、朝晩のシャワーの時間も惜しくて、ある日オフィスに出社してバリカンで坊主頭にしたりしていました(笑)

―――やることがパンク過ぎる…!アプリリリースの後はどうでしたか?

アプリリリース直後に、僕は実務経験0か月で独立しました。営業時代のスキルで案件取得には苦労しませんでしたが、実務経験の無さゆえに、クライアントから求められるスキルと自分の持つスキルとの差分には苦しめられました

フリーランスのエンジニアに対して、クライアント側は“特段指示がなくとも成果物を上げられる”という総合的な期待値をかけています。当時の僕にはそれに見合うスキルがなかったので、やはりここでも大量の時間をかけて、勉強をしながら仕事をしました。

深夜3時まで開発し続けたり、リリース前日などはほぼ徹夜です。朝までクライアントとオンラインで通話しながら作業することもありました。…思えば命削っている感じはありましたね(笑)。合計1年半ほどフリーランスをやりましたが、そういう風にして過ごした最初の半年間が最も大変でした。でも、そうしてハードワークした結果、成長できたと思います。

init株式会社創業!最初の事業では失敗経験も

―――2019年4月にinit株式会社を創業されてからの歩みは…

はい、大小さまざまな会社でアプリを作り、2019年4月にinit株式会社を創立しました。当社では冒頭で触れたように、iOSアプリ開発や運用支援、開発のコンサルなどを行っています。

僕が制作に携わったアプリには、フリーランス時代も含めると、マッチングアプリやコンロに接続するIOTアプリ、自動販売機に接続するIOTアプリ、クラウドファンディングのアプリ、メディアアプリや名刺管理アプリ、ヘルスケアアプリ、教育系のアプリ等があります。

―――大変だったことや苦労されたことなどはおありですか?

もちろんありますよ。init株式会社創業の一つめの事業としてiOSアプリの受託開発をやったんですが、チームを組んで営業して沢山仕事をとったは良いものの、いざプロジェクトを始動したらスムーズに回すことができず、結果クライアントに迷惑を掛けたり、多額の借金を負う経験もありました。

最もひどい状態の時、僕はほぼ軽鬱状態で、夜中に渋谷から代々木公園あたりまで「あー」っていいながら散歩してそのまま戻ってくる、みたいなことをしていました(笑)

―――苦労の域を超えるエピソードがさらっと出てきて驚いております…!今は大丈夫でしょうか?

はい、大きな失敗ではありましたが、状況を打開しようと試行錯誤することを通して、やはりここでも成長の良いきっかけを貰えたと思います。メンタル面も鍛えられましたしね!

ハードワークの秘訣はズバリ「環境」!たゆまぬ自己成長で道を切り開く

―――独学時代、フリーランス時代、そして会社を設立されてからも、ハードワークで逆境を切り開く姿勢が印象的です。ヤマタクさんが精力的に活動できた秘訣は何ですか?

ひとえに「環境」だと思います

iOSエンジニアになるまでの1年間は僕にとってまさに「背水の陣」でした。営業職で負け続けて転職して、ここで逃げ出せばもう自分を許せないと思いました。坊主頭にしたことも一つの“追い込み”です。髪を洗う時間が惜しかったですし、遊べない環境を作るためでもありました。

フリーランス時代以降も、期待値の高いところへ飛び込んでそれに応えざるを得ない環境を作りました。もちろん失敗もありましたが、やる以外の選択肢を消すことで、スピード感を以て「自己成長」できたと思います。

―――「自己成長」は山田様の活動を貫くテーマのような気がします。

そうですね。人それぞれ誰しも特性があって、これもその一つだと思いますが、確かに僕自身「自己成長」にこだわり続けるという点は、性格的にもかなり顕著かもしれません。興味の向く物事に対して、熱量を以て追い求めるのが好きです。自分自身ができなかったことをできるようになるということには、アスリート時代をふくめ昔からずっと興味がありますね。

―――余談かもしれませんが、アスリート時代のご経験がヤマタクさんご自身の支えになっているのでは?

正直、それは滅茶苦茶大きいと思います。毎日休まず地道な積み重ねをして、大会という決められた機会で結果を得なくてはならないスポーツの世界で生きてきたことは、僕自身に多大な影響を与えているはずです。

積み重ねって、やはり結果が出る前に途中で飽きてしまいがちなんですよね。そこを何とかしたいというのは、その主体の自他を問わずずっと思っていることで、次にお話する「MENTA」の活動とも繋がっているかもしれません。

「自己成長の喜びを人にも味わってほしい」iOSアプリ開発独学の原体験をもとに「MENTA」で130名以上にプログラミングを指導!

オンラインメンターサービス「MENTA」との出会い

―――フリーランス時代から、ヤマタクさんはエンジニアと兼業でオンラインメンターサービス「MENTA」にてメンター(講師)としての活動もされていらっしゃいましたね。

はい、「MENTA」はフリーランス時代、2018年から現在に至るまでやっています。2021年5月時点で合計130名以上のメンティー(生徒)の方を、メンター(講師)としてマンツーマンでプログラミング指導してきました。

(参考:https://menta.work/user/1840

【Q】オンラインメンターサービス「MENTA」とは?

『「MENTA」は2018年にサービスを開始し、「教えたい人」と「学びたい人」をオンラインでマッチングするオンラインメンターサービスです。現在約19,000人が利用しており、メンターは約1,500人登録しています。メンターの大半はエンジニアで、プログラミングスクールより安価で気軽にプログラミングを完全非対面で学ぶことができる点で支持されており、口コミベースにもかかわらず2020年の流通総額は平均110%の月次成長率で拡大し、2020年9月時点の月間流通額は2,000万円を超えています。』

(引用:オンラインメンターサービス「MENTA」の運営会社をグループ化 _ ランサーズ株式会社コーポレートサイト (Lancers,Inc.)

「メンター制度」とは一般的に、企業組織や社内の教育支援活動制度の一つです。通常、知識や業務経験を有する先輩社員(メンター)が、後輩社員(メンティー)に対して業務からキャリアプランニングに至るまで幅広い教育支援を担う制度として、組織の活性化の側面から近年とりわけ注目されているものでもあります。

―――「MENTA」を始られたきっかけは何ですか?

僕自身の背景として、人に何かを教えることが好きというのが大きく影響しています。先ほどもお話したように、「自己成長」つまり自分ができなかったことができるようになることは僕の生きがいの一つです。そういった自分の好きなスキルアップや勉強での自己成長の喜びを人にも味わってほしいというのが、今回開校した「iOSアカデミア」やメンターなどの教育的な活動への関心の原点だと思っています。

とりわけメンターに関しては、iOSエンジニアになるにあたっては自分も苦労したので、その過程で得られた自分の知識や情報をシェアすることで人から喜ばれるだろうと思いましたし、人に価値を提供できると考えたことが、活動開始の直接のきっかけですね

―――スキルアップや勉強の喜びについては、十分に知らないまま過ごされていらっしゃる方も多いかもしれませんね。

うーん、そうかもしれませんね。でも、自分の成長を感じられないって、一番悲しいじゃないですか。挫折しちゃう人ってネガティブになりやすい性質を持っていらっしゃる場合がすごく多いので、そういうところから変えていきたいなと思いました。

スキルアップして就職へ!プログラムはスクール創設への布石に

―――130名のメンティーさんたちは、iOSエンジニアリングにおけるスキルアップや勉強を経て、主にどのような道へ進まれるのでしょうか?

メインのキャリアパスでは、iOSエンジニアとしてまず「就職」を達成して頂いています。就職まで達成されたメンティーについても、「卒業生」として扱い、既存のメンティーや他の卒業生との交流を通して、更に技術力をアップしたり、エンジニアとしての交流を深めたりを続けて頂いています。

―――コミュニティの形成にも目を向けていらしたのですね。こうした仕組みをベースにして、「iOSアカデミア」創設へと踏み切られたと。

そうですね。【中編】で詳しくお話しますが、ベースはこのメンターで用いてきたプログラムです。実際に内定者が続出しているという実績は折り紙付きです。

中編では…気になる「iOSアカデミア」について、創設者目線で徹底解説!

アーチェリー日本代表から法人営業職デビュー、そこからの独学でのiOSアプリ開発と独立、その後会社設立にメンター活動…様々な活動を重ね、現在ついに教育事業へとふみだしたヤマタクさん。まさに怒涛のライフストーリーでした。【中編】では、スクールの強みを創設者としての視点から詳しく紐解きます。ぜひチェックしてくださいね。

【中編】はこちら!…iOSアカデミア創設者インタビュー【中編:創設者ヤマタクが徹底解説!iOS専門のオンラインプログラミングスクール「iOSアカデミア」の通い方とは!?】

【後編】もあるよ!…iOSアカデミア創設者インタビュー【後編:「日本のエンジニアリング力を底上げしたい!」ヤマタクの見据える未来とは?】

関連情報

ヤマタクさんについて

SNS・サービス

Twitter… https://twitter.com/yamataku_init
Github… https://github.com/yamataku29
Facebook… https://www.facebook.com/yamataku29
MENTA… https://menta.work/user/1840

過去のメディア掲載

【記事】
アーチェリー日本代表から起業家へ。まだ世の中にない「概念」を創る挑戦とは _ co-ba shibuya
【動画】
エンジニア社長が語る、就活するならまず〇〇!ベンチャーと大手どっちがいいの? init株式会社 – YouTube
営業からエンジニアに転職!フリーランスから起業する経緯は? init株式会社 – YouTube
【年収大発表】フリーランスエンジニアって儲かるの?未経験からなる方法! – YouTube

init株式会社について

会社名…init株式会社
代表者…代表取締役 山田 卓
本社所在地…〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル 5F
設立…2019年4月
資本金…1,000,000円
事業内容…スマホアプリ開発事業、アプリ開発コンサルティング、スマホアプリの運用支援
公式HP… https://init-inc.com/

iOSアカデミアについて

公式HP…https://ios-academia.com/

監修者

山田卓
山田卓inint株式会社代表取締役
エンジニア経験0の状態から1年間独学で勉強して独立
さまざまなiOSアプリの開発に携わる
2021年6月にiOS専門のオンラインプログラミングスクール「iOSアカデミア」を開校。iOSエンジニアを目指す人のサポートにも力を入れています

関連記事